タクシーに転職する時の準備

タクシーに転職したい場合は、そのための準備をしていく必要があります。まず、タクシーを運転する免許が必要になりますが実は第一種普通自動車免許を取得していてもタクシーを運転する事ができないです。タクシーを運転するためには、第二種普通自動車免許が必要です。

つまり、免許をまだ取得していない人が多いと思うのでまず第二種普通自動車免許を取得します。タクシー会社によっては、免許の取得をフォローしてくれる所がありますが初めから取得しておくとすぐにタクシー運転手として活躍する事が可能です。

次に、運転技術を上げておく事です。タクシー運転手として働く事になると勤務中ほとんど運転する事が多いです。運転技術が低いとスムーズに走行する事ができないので、運転技術を上げるために日頃から運転に慣れておく事が必要です。また、地理に詳しくなるという事も大事です。お客さんを目的地までに乗せる仕事ですが地理に詳しくないと目的地を言われてもどこなのか分からない事があったり、道に迷ってしまう事があります。そうなるとかなりお客さんに迷惑をかけてしまい、下手をするとクレーム問題になるので道に詳しくなっておくというのも大事です。最近は、車内にカーナビを設置しているタクシーも多くなっていますが毎回カーナビを見ながらだと少し手間がかかるのでカーナビに頼らずに走行できるように準備する事が大事です。

最後に、準備しなければいけないのがお客さんの対応知識を習得する事です。タクシーに乗車してくるお客さんはさまざまでたまにお酒に酔った人も乗ってきます。シチュエーションによってどのように接客しながら乗車させるのかを学んでおくとどのお客さんにもうまく対応できる可能性が高くなります。

特に酔っている人が乗車すると少しコミュニケーションが難しくなる事があるので、酔った人が乗ってきた時にどうすればよいのか身に付けておく必要があります。

このように、タクシー運転手に転職する時にはいきなり求人に応募するのではなくて準備してから応募していくようにします。特に初めてタクシー運転手として働く時には、スムーズに働けるように準備しておかないと実際に働く時に苦戦します。タクシー転職サイトはタクQがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました