給湯器のおかげで今がある

むかし子供の頃住んでいた家は小さな借家で、水は井戸水・・・ガス給湯器はついていなかったので真冬でも凍りそうな冷たい井戸水を使っていました。あまりに冷たくて水に触ることすら出来ないときは、大きな鍋にお湯を沸かして沸いたお湯を水に混ぜて洗顔や口をゆすぐことに使っていたのです。

でも、それでは朝の忙しい時間の支度に支障があるということで給湯器が取り付けられました。キッチンのシンクのところに取り付けられた給湯器・・・はじめて見たときはびっくりしました。それがなんなのか分からなかったからです。給湯器がどういう役割をするのかが分かったときも衝撃を受けましたよ。これでもう冷たい水で洗顔しなくても良くなるんだと思ったら泣けてきたほど嬉しかったのです。

給湯器のおかげで食器洗いも楽しくなりました。料理も楽しくなって今でも料理を毎日するほど好きです。これもあのときの給湯器のおかげかな。

タイトルとURLをコピーしました